Pyrographilica

パイログラフィリカ

2020_10_ふりかえり

f:id:boundary-line:20201101142946j:plain

 

8月下旬から崩れていた体調が、10月は積極的に寝たりして、下旬からよくなったと感じらるようになりましたが、今度は気持ちが焦り始めています。体調がすぐれない間に先送りにしてきた、写真展やペーパーウェル、ZINEの締め切りがあるからです。そして「やること」と「やりたいこと」が、かつてなく乱立してて、そこに新たに疲れる原因があるように思っています。

いったん、止まって整理したい。けれど立ち止まってもいられないから、歩きながら順番に完成させていく。そういうことをしていくかなと思っています。

 

 

 

写真にまつわる活動

コスモス撮影

f:id:boundary-line:20201015134604j:plain
f:id:boundary-line:20201014203134j:plain
枚方市の穂谷でみられたコスモス
f:id:boundary-line:20201021205746j:plain
f:id:boundary-line:20201021205717j:plain
万博記念公園のコスモス


淀川河川敷の太間と、枚方市の穂谷、そして万博記念公園のコスモスを撮りにでかけました。例年、万博記念公園のコスモスだけ撮ってきましたが、よそはどうなっているか気になったので。

 

結論から言うと、万博記念公園のコスモスは、最高水準の美しいコスモスが観られる場所だと分かりました。隙間無く花のついているところや背丈のそろったコスモスは、それだけ手間をかけてある庭園でみられるのですね。

 

一方、万博記念公園のコスモスの欠点は、見に来る人が多すぎること。どこをどう撮っても、絵になる写真が撮れますが、それを面白いと思えるかどうか。などでしょうか。

 

太間や穂谷のコスモスは、「とりあえずコスモスが咲いてまーす」という印象で、万博記念公園のコスモスを知っていると物足りなく感じてしまうところが大きいですが、悪いわけではないです。里山でコスモスが観られる風景は、私には心落ち着く風景でありますし、見に来る人も少なくてゆっくりできます。

 

時間に余裕があれば、両方を見に行けば良いのでは?と思います。

 

 2020年のコスモスエントリー

コスモス撮影の難しさに思ったこと - Pyrographilica

万博記念公園のコスモス - Pyrographilica

 

2018年のコスモスエントリー

週報181021 - Pyrographilica

 

2016年のコスモスエントリー

今週の散歩 - Pyrographilica

 

散歩写真

f:id:boundary-line:20201024175239j:plain

注意!注意!

大阪市内に出かけて、テクテクライフのついでに写真を撮って歩きました。やはり、街中は情報量が多くて、写真は撮りやすいです。

しかし何も考えず、何も恐れず路上スナップを撮れない気がしました。時代だといって諦めるつもりはないですが、だからといってカメラで撮られることで、嫌な思いをする人はいてほしくありません。それに尽きるかなと思います。

 

大阪市内散歩のエントリー

 Stroll #20 - Pyrographilica

 

ZINE制作

写真セレクト、テストプリントまで終了しています。次は、ZINEのデザインレイアウト、テキストを書くことですね。11月中になんとかしたいです。

 

グループ写真展

先日、写真のセレクトが終わりました。10年分の動物写真から、ほとんどWebで見せてない写真を出すことになると思います。(でもWebに出したことはあると思うし、去年の個展ではすべてお見せしていますが)

展示はA3ノビで2枚(とフォトブック1冊)だと思いますので、34人の展示をいろいろ楽しんでいただくなかで、私の2枚も観ていただければなと考えています。

PHOTODECO フォトデコ 2020 | 写真展

 

 

 

今月の面白かったもの

『放課後ていぼう日誌』

なんとなしに見始めたら、安心してみられるお話で、あっという間に12話が終わってしまいました。熊本の芦北という土地で、放課後に堤防などで釣りの部活をして楽しむ女子高生のお話です。釣りはもともと好きですし、のんびり過ごせそうな土地の雰囲気などの描写がよかったです。

 

www.youtube.com

 

伊集院光養老孟司『世間とズレちゃうのはしょうがない』(PHP研究所、2020)

伊集院光さんと養老孟司さんの対談本。「深夜の馬鹿力」を聞くことも多くて、養老さんの本もちらっと読んだりしていると、ある程度お二人の考え方が分かっているので、書いてあることがすんなり頭に入ってくる感じでした。


「他人には優しくする方が得(p107)」という伊集院さんの言葉は、やはりそうなるのかという気持ちと、「親切にする」が個人的にはいいのかもと思ったり。でも親切にするというのも、結構難しいことは多いと思いますした。

ここで脱線しますけど、最近米国の悪魔教会の11箇条を目にしました。

The Eleven Satanic Rules of the Earth | Church of Satan

 

読むと、過剰に自他の境界線を越えて、お節介や勘違いするのはやめようという話が多いように思うのです。(日本人のお節介と、アメリカ人のお節介はまた度合いが違うと聞いたことがありますが)

 

話を戻すと、他人への自分勝手な優しさを押しつけるやめようね、ということを思いました。(よかれと思ってとか、あなたのためを思ってとか)

こういうことは、頭で分かっていても冷静さを欠いているとき、口にしてしまったりするので、本当に気をつけていきたいです。

そして、歳をとるとそういう回路が機能しなくなることもありそうなので、本当に生きるのはいろいろ怖いなと思ったり。

世間とズレちゃうのはしょうがない

 

読書猿『独学大全』(ダイヤモンド社、2020)

通しでザッと目を通しました。良い本だと思います。この本がどんどん売れているなら、まだこの国には諦めてない人がいる証左に思えます。

基本的に本の内容を実践していくことで、独学できるようになるのだと信じて、頭の方から読んでメモを作って、図書館に行って調べたりしています。

何につけても焦る気持ちがあるらしく、もっと落ち着いてゆっくり、と何度も自分に言い聞かせています。

 独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

 

おわりに

朝は10度以下になる日も出てきました。今年は歳のせいか室温が20度を下回り始めると、身体が冷えて体調が悪くなることを実感しています。

そういうわけで、すでにモコモコしたスリッパを履いたりフリースを着て、調子を維持してます。冬本番の寒さがやって来たとき、どんなモコモコ状態になっているのか……。

みなさまも冷えにはお気をつけられて、あたたくしてお過ごしください。