Pyrographilica

パイログラフィリカ

言葉と写真

f:id:boundary-line:20200727230422j:plain

何度目なんだろうか……このこと思うのは



 写真でやりたいことを言葉で表そうとすると、何も言葉が出てきません。

 こういう感覚になるときは、私の写真を的確に言い表してくださった方の言葉を見返します。もう10年くらい前に教えていただいた単語の印象は、たぶん変わっていません。

「変わらないといけないかな」と思いつつも、「変わらなくても良いか」とか、「変えられないところもあるよな」、と思ったりしています。

 

 

 そのとき強く印象に残った言葉が「メランコリック」でした。憂鬱な感じとか、物思いにふける感じ。しかし「メランコリック」は自分の写真を言い表す言葉であっても、自分が表現したいこととは、また少し違うのです。

 本当は深い感動を受けた瞬間を写真に残せるのが理想のように思えますが、今はそうはできていないとも感じています。

 
 今、シャッターを切る感覚は、靴の中に小石が入ったような違和感に似た感覚からシャッターを切っているようです。だから今の写真は、そういう瞬間の蒐集になっています。

 私は明るい写真に憧れたりもしますが、受け取られる印象は明るく元気ではない写真です。しかし写真を撮って見てもらうところまでを楽しんではいるのです。
 

 問題は「楽しむ」の先にあると思っている、写真で表現したいことの尻尾もつかめていないことでしょうか。

 頭だけで考えてテーマを見つけるのは、無理だろうなと感じています。雑多なジャンルで撮ろうとすると、訳が分からなくなることを繰り返してきたので、2つくらいのジャンルの写真の枚数を、どれだけたくさん撮るかということが大事なのだろうなと思うのです。(最近それを忘れていました)
 

 どんな写真が撮りたくてテーマは何なのか意識して、考えて、枚数をたくさん撮って、振り返りをして、また撮るしかないのでしょうね。

 長く写真を続けてきていますから、写真を撮ることに向いていないとは思いませんが、他人様の写真や技術解説を見聞きしてしまうと、「自分なんて、まだまだやな……」としみじみ思うのでした。