Pyrographilica

パイログラフィリカ

目線

f:id:boundary-line:20200708200241j:plain

 

f:id:boundary-line:20200708200233j:plain

f:id:boundary-line:20200708200224j:plain
f:id:boundary-line:20200708200302j:plain

モデル:FANGさん(フリプラモデル事務所)

 

 ポートレート写真で目線がカメラに来ている写真は強い。と知ってはいましたが、目線をカメラから外していても力がある写真がある、ということが分かってきました。

 

 FANGさんの撮影は、撮影の距離が近くなることがあったので、より目線に強さがでているのかもしれません。

 

 撮影会ではファインダーを覗かなくなりました。少なくともポートレート撮影では、ライブビュー撮影でピントを合わせた方が、ピント合わせが確かだと分かったからです。視点の高さや立ち位置などは、以前の方が機転が利いていた気もします。使うカメラがミラーレスになれば、またファインダーを使うことが出てくるのかもしれません。

 

 撮影会でサポートしてくださるマネージャーさんにいろいろ教わりつつ、できることを増やしていけたらなと思っています。