Pyrographilica

パイログラフィリカ

初夏の花見

f:id:boundary-line:20200629211250j:plain

日差しが強い…

 先日ニフレルを訪れた後、万博記念公園にも足を踏み入れました。ちょうど日本庭園のハスが見頃だと聞きましたので。

 ハスは毎年見に行きたいと思ってきましたが、早起きできなかったり、ほどよい気温の日や晴れ間を待っているうちに、毎年見頃を逃してきました。

 

f:id:boundary-line:20200629211236j:plain

緑の中にハスのピンクが輝きますね

 ハス池はたいそう賑わっておりまして、個人的にはもにょっとした気分になりました。まるで新型コロナウイルスを忘れ去ったような、じさまばさまのカメラマンがたくさんいらっしゃったので、私はチラッと見て撮って、帰路につきました。

f:id:boundary-line:20200629211302j:plain

 バラ園があった場所が、改装されてバラとスイレンの庭園になっていました。

f:id:boundary-line:20200629211638j:plain

 各所にアガパンサスがたくさん植えられていて、花盛りでした。

 アガパンサス、漢字で書くと紫君子蘭。

 蘭と書くけどラン科ではなく、ユリ科だそうです。君子蘭も、ユリ科だそうです。

f:id:boundary-line:20200629211307j:plain

 しかし紫君子蘭は君子蘭の仲間ではないらしく、ややこしいですね…。

f:id:boundary-line:20200629211311j:plain

 アガパンサスは丈夫な植物らしく、花も見応えもありますから、公園に植えるにはうってつけなのでしょうね。

f:id:boundary-line:20200629211316j:plain

 この後、さらにアジサイをみるつもりでした。

 しかしふだんは引きこもっている私が、1万歩以上歩きましたし、日差しも強かったため、あきらめて帰りました。

f:id:boundary-line:20200629211634j:plain

みんぱくの新しいトーテムポールです!かっこいい!

f:id:boundary-line:20200629211629j:plain

太陽の塔。の背中。

 この先は、気温も上がりそうですし、また新型コロナウイルスについても感染者数が増え始めました。私も少し気が緩んでいたと思います。また外出する機会が減るのかもしれません。みなさまもお気をつけてくださいませ。