Pyrographilica

パイログラフィリカ

分かりやすいフィクション

f:id:boundary-line:20200617173845j:plain

少しささやかな虚構

 写真をお手軽に加工して遊んでいます。

 ささやかな写真加工は、元ネタが分かる人にとって通ぶった芸事のようでもあります。元ネタが分からない人も楽しめますが、虚構、つまりフィクションと気付けませんと、後で恥をかいたりします。

 

 

f:id:boundary-line:20200617173850j:plain

ほんのささやかな虚構

 

一部の人だけが分かる写真を見せるのは

すこし意地が悪いか…と思います

自分が楽しけりゃ良いという意見もあるかもしれません

しかし仮に写真で混乱を招いて炎上とかとても面倒です

保険を掛けながら遊ぶのは楽しいかというのはありますが

 

f:id:boundary-line:20200618152337j:plain

誰が見ても分かる違和感

分かりやすい虚構が

自分にとっても

周囲の人にも

楽かなと思うのです

公平さがあります

 

f:id:boundary-line:20200618152326j:plain

自分でもよく分からなくなりますが

 

公平さに注意を払って

面白さがおろそかになると

順序がおかしくなるかもしれません

何より私は何をしたいのか

よく分かっていないのです

 

f:id:boundary-line:20200618152322j:plain

こうした写真のルーツには気づいているのですが

 

音楽でLo-Fiというジャンルを好んで聞くことが多いです

自分がしっかり記憶しているわけではないのですが

どこか懐かしい70~90年代の楽曲が新鮮に聞こえます

余裕を失いつつある自分の

見出せる余裕を写真に探したいです