Pyrographilica

パイログラフィリカ

なかなかブログ更新できない訳

f:id:boundary-line:20200603175845j:plain

 

 新しい小さくて軽いカメラに満足はしているが、そのカメラで満足のいく写真は撮れていない。ちょっと焦っている。

 10年以上ぶりに買ったカメラで、約10年分の技術的バージョンアップだから、いきなり使いこなせるわけないのだが、本当にまだまだついて行けていない。

 

 特に感じるているのは、古いカメラの低画質でなんとなく撮っていた被写体と空間の写真を、そのまま鮮明に写し撮ると、誤魔化していた部分が画面内で目立ち、持ち味の雰囲気が希釈され、写真が全体的に良くならなくて、なかなか怖い。ビデオキルザレディオスターな感じ?

 この気付きはカメラを新調しないと発生しなかった問題なので、そこは感謝している。

 

 あと直接関係ないかもしれないけれど、良い写真を撮るには好きなロケーションと好きな光、好きな被写体を多数知っていることが、重要だと思い始めた。自分はヒキダシ不足だなと。

 

 新旧のカメラは大きく比較して、鮮明さと色の雰囲気が違っているはずだが、自分はそうした差異を感覚で捉えているため、違和感を修正するのに最短距離で解決できない困難さがある。プロではない私には、特に問題ではないのだが。

 

 少しずつ試行錯誤して違和感を減らしていけるのか、ただ単に目が慣れていくのかで、結果も変わっていきそうだけれど、新カメラにシンクロできる感覚と技術のバージョンアップができて、最終的に満足のいく写真が撮れるようになりたい。