Pyrographilica

パイログラフィリカ

異界へのトビラ

f:id:boundary-line:20200303152502j:plain

 

 うまく言葉では説明できないけれど、カメラを提げて出歩くと、分かるときがある。

 現実世界とは、ずれている異界が存在することが。

 

f:id:boundary-line:20200219185016j:plain

 

 異界は肉眼で見えてはいない

 感じ取っている世界

 

 モノクロ変換したときにだけ立ち現れる

 

 ボタンを掛け違えたような

 目が混乱する世界

 

 モノクロ写真になると強調されやすい

 線や形の要素が際立つことで立ち現れる世界
 

f:id:boundary-line:20200219184921j:plain

 

 誰でもトレーニングすれば、見えるようになる

 線と形を意識するだけなのだけれど

 

 続けていると、異界が見えることも自分の持ち味のように思えてくるので、やっぱり写真は楽しい。