Pyrographilica

パイログラフィリカ

元気を出す前に

f:id:boundary-line:20190206132856j:plain

元気ってなんだろう。生きてるってなぁに?

今週のお題「元気の秘訣」

さいしょに

 もともと元気のない私は、「元気がない=疲れている」状態なので、疲れから回復することを大事にします。

 

 

疲労回復の方法

食べること

 食べたいモノを食べましょう。(食事量は適量を)

 

寝ること

 睡眠を大事にしましょう。私は活動量計で睡眠時間のデータを記録しています。(信用できるメーカの製品を選ぶのがいいと思います)

 活動量計を3つくらい持っていれば、製品同士で比較して、データの正確さを計れるかもしれませんが、普通はそこまでしませんよね。ですので、データを過信しないことを前提に、おおよその目安として睡眠記録やスコアで、体調の善し悪しを計っています。

 スコアが悪い日は、あまり無理をしないというだけです。睡眠データがなければ睡眠時間の長さくらいしか客観的に判断する情報がありません。睡眠の質を測る睡眠スコアで体調を判断するのは、良いことだと思っています。頼りすぎもダメでしょうけれど。

 睡眠といってもただ寝るだけではなく、例えば仰向け、横向きでデータを比較してみるのもひとつの実験だと思えば少し楽しくなりませんか?就寝前にスマホを見る・見ないでデータをとってみてもいいですね。そういった細かいところを意識してみることで、睡眠時間や睡眠スコアがどう変化するか、自分が良いスコアを出せるよう観察を続けています。

 

f:id:boundary-line:20190122124608j:plain
f:id:boundary-line:20190122124607j:plain
千里の道も一歩から

その他に私がやっていること

静かな疲労回復(集中力をあまり必要としないこと)

 

すこし元気が出てきたら(すこし集中力が必要)

  • 映画
  • 読書
  • 森林浴
  • 散歩

 

もう大丈夫かなとなったら

 私は何かをつくる作業が好きなので、写真を撮ったり、テキストを書いたりします。

 なのでブログを更新することも、私にとってはかなり体調が良い状態でないと、続けられないことだったりします。

 

さいごに

 外向的な人は、人と会うことで元気がでる。内向的な人は、ひとりの時間をもつことで疲労回復する。という話を聞いたことがあります。

 今回書いた内容は、そういった性格ごとに好む活動すらできない疲労時、手始めに疲労から回復する方法を書いてみました。