Pyrographilica

パイログラフィリカ

老人も歩けばシャッターが切れる

f:id:boundary-line:20191223123949j:plain

朝の散歩は、したり/しなかったりですが

 久しぶりに写真を撮る散歩をしてきました。

 被写体は野鳥。いつもの朝の散歩に、カメラがついてきただけですが。

 

 ここ最近、朝の散歩で思っていたのです。落葉樹の葉が落ちて、小鳥たちが観察できるようになってきたと。

 昨日からの雨があがり、今朝は晴れ。鳥たちはお腹を減らして朝から飛び回るに違いないと、カメラを持って出かけた訳です。

 

 この読みは正解でした。

 メジロカワラヒワツグミジョウビタキに出会えました。

 写真はあまり撮れませんでしたので、散歩道から河川敷を歩いて、そこでも野鳥を撮影しました。
 

f:id:boundary-line:20191223123727j:plain
f:id:boundary-line:20191223123905j:plain



 セキレイや、カモ、サギがいるのは、いつもの風景なのでしょうけれど、朝の河川敷は風が穏やかでした。

 ススキと霧、そこにナナメから差し込んでくる朝日。なかなか素敵な組み合わせです。

 こういう散歩をしていますと、年末であることをすっかり忘れます。

 

f:id:boundary-line:20191223123958j:plain
f:id:boundary-line:20191223123847j:plain

 

 そうやっていろいろなことを忘れたまま、帰ってすぐ写真の編集をしました。

 PCのスペックが低いですので、写真を取り込むだけで1時間待ち。写真編集は2時間かかりました。

 

 写真編集で気づいたことがありました。

 最近、保有しているカメラの画質が悪くて気が滅入っていたのですが、ノイズノリノリの低画質になるのはLrで自動補正を使うことが、大きく影響していることを発見したのです。

 最新のデジイチでしたら、シャープ+40補正でも画像の見た目が変わらないのかもしれませんが、私の持っている古いカメラでは低画質もいい加減にして欲しいという補正画像になってしまうのです。

 

 このシャープ補正をなくしてみるとどうでしょう。

 画質が良いとはいいませんが、まあひどく低画質というほどでもないなと思えてきました。

 

 また気が向いたときに、朝の写真を撮ってみようと思います。

 運動(筋トレ)にもなりますし。