Pyrographilica

パイログラフィリカ

ONE DAY #8


ONE DAY #8

 

 今日は動画編集アプリの話を書いておきます。(ちょっと長いですが…)

 

 動画撮影は、電動ジンバル(Osmo mobile3)のアプリ、DJI Mimoを使っています。

 ほぼアプリ任せのオートの設定で撮影しているので、空が白飛びしたりします。でも、がんばっているとは思うのです。

 白飛び対策で、減光フィルターをスマホにつけることを考えましたが、装着するとバランスが悪くなり電動ジンバルがエラーを出すので、基本的にバランスが悪くなるフィルターなどは使えません。

 そしてDJI Mimoでも、じゅうぶんに動画編集はできるのです。がっつり編集したい人に向けたモードと、Mimoが用意しているフォーマットに撮影した動画を選ぶだけで、見栄えのする動画が編集できるモードがあります。

 

動画アプリで重視していること

 今回は、特徴のある動画編集アプリをご紹介します。

 私が重視しているのは、ある程度動画編集をアプリに任せたら、良い感じで仕上げてくれるアプリというところ。お金はちょっとくらいなら払います、という考えです。こういうところ、ズボラな性格が出ますね。

 

細かいところまでアプリでやるなら

 細かいところまで自分の思惑通り動画を繋ぎたいということでしたら、AdobeのPremiere Rushかなと思います。サブスクリプションでお金がかかります。いずれ本格的にPCを使った動画編集をPremiereでやりたいと考えている人には、練習になるかもと思います。

 

 さてズボラ動画編集に話を戻します。

 

Quick

Quik - GoProビデオエディタ

Quik - GoProビデオエディタ

  • GoPro, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

 「無料でアプリを使いたい!」と「良い感じで仕上げてくれる」を兼ね備えたアプリは、Quikです。

 GoProというアクションカムの製品名を聞かれたことがあるかもしれません。QuikはGoPro謹製のアプリです。

 私はGoProを持っていませんが、アクションカムの使い方として、1シーンの撮影時間がある程度長い(数分程度)ことを想定しているのか、Quikは動画のハイライトを指定して強調したりできます。

 一方で、動画を選んで編集画面に進む数秒の間に、動画に合った音楽をえらび、動画のつなぎの見栄え(トランジション)を良くしてくれます(あとで自分で選び直すことも出来ます。使える音楽は多くないですが、トランジションのパターンが豊富です)。

 おまかせトランジションのバランスが絶妙で、動画の編集にもいいですし、写真のスライドショーもけっこう良い感じで仕上げてくれます。

 ズボラだが、動画の見栄えは良くしたい。そんなわがままを叶えてくれる動画編集アプリQuik。GoPro以外のカメラで撮影しても、アプリはきちんと仕上げてくれるので、動画編集初心者の方から私のようにズボラして編集したい方まで、広くおすすめいたします。

 

Spark Video

Adobe Spark Video

Adobe Spark Video

  • Adobe Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

apps.apple.com

 

 「基本的には無料がいい」そして「もう少し手をかけたこともしてみたい」方におすすめしたいのは、Adobe Spark Videoです。

 このアプリは編集画面に進もうとすると、写真を選んでくださいというメッセージがでるので、もしかすると写真のスライドショーを作ることを念頭に置いたアプリかもしれません。でも動画も基本的なことは編集できます。

 このアプリも、動画に音楽を自動的につけてくれるのですが、そのセンスがいい気がします。Quickのつける音楽がにぎやか過ぎると感じる人は、Spark Videoがいいかもです。ただしSpark Videoは、動画を自動編集はしてくれません。

 このアプリの良いところは、動画を撮ってつなぐときに、できれば撮った1シーンを全部見て欲しいという熱い気持ちを、ほどよく冷ましてくれるところ。どういうことかというと、1シーンが最初2~3秒の枠で表示されるからです。(あとで、1シーンの長さは好きなように調整できます)

 動画をつないでいくと、テンポが良いと感じる1シーンの長さが3秒くらいになることが多いから、基本設定が2~3秒なのかもしれません。GoProは1シーンが長くなりがちかなと思ったのに対して、Spark Videoは撮影する1シーンが5~10秒くらいでも、シーンをつないでいくことで動画を魅せることができる可能性を示してくれる動画編集アプリなのだと思います。

 

おわりに

 と言うことで、ズボラ動画編集ができる、しやすいアプリを2つご紹介しました。
動画撮影も編集もスマホでできるようになると、写真とは違った思い出が増やしやすくなるので、ちょっとお試しでやってみたい方には2つのアプリ、おすすめだと思っています。