Pyrographilica

パイログラフィリカ

Night walk #10

普段、夜の散歩で使うカメラはX100なのですが、このカメラには防滴が付与されていません。

 

以前「多少の雨なら気にすることないか…!」と少雨の中で強気にX100を使ったあと、ダイアルの回りが悪くなったり、スイッチが固くなったりしまして、以後、雨の撮影は防塵防滴がついている、7Dを使うようになりました。

 

昨夜は激しく降る時間もありましたが、夜も深くなってから雨が上がり、「これはNight walkの雨上がり写真が撮れる!?」と意気込んで、念の為カッパを着て、カメラは7Dで出かけたのです。

 

f:id:boundary-line:20190628125508j:plain

雨上がりで少し路面が光る

 

ところが7D、X100よりも測光が正確なのか、光の量が足りない場所ではSSがぜんぜん稼げない…。X100なら1/50くらいかなという光の量なのに、7Dだと0”3とかもっと遅い。ちなみにレンズは、どちらもF2.8です。

普段、夜の散歩も三脚はなしで撮っているので、わざわざ三脚を取りに帰るのも面倒で、普段の1600から2500にISO感度を上げて撮影したのです。

しかし、カメラモニタで撮影画像を見ていると、どうも画像が暗い。これも古いカメラではしょうがないかと思って、撮影を終えて帰ってきました。

 

f:id:boundary-line:20190628125504j:plain
f:id:boundary-line:20190628125522j:plain
このブロックタイルは吸水性が高いんだろうな

 

帰宅後すぐPCに画像を取り込んでチェックしたところ、カメラモニタで見えていた印象と遜色ない、めちゃくちゃ暗い画像がほとんどでした…。

「なんてことだ。無駄足だった…」と思ったのですが、最後の悪あがきでLightroomの自動補正を適用してみました。

すると、なんということでしょう…!それなりに見られる写真に仕上げてくださったのです!ありがとうLr!

でもよく見ると、ノイズは最低限補正してもガビガビで、Night walkの画像加工には持っていけない(もっとノイズがひどくなる)ので、あきらめたのでした。


X100も古いカメラではあるのですが、スナップ写真を撮るには優れたカメラ(画像エンジン)なんだなと思うとともに、夜の撮影には三脚は持っていったほうが良いな、と思ったのでした。

 

f:id:boundary-line:20190628125455j:plain

でも三脚を使って撮ると、スナップ写真じゃないよね…。