Pyrographilica

パイログラフィリカ

animal

午前中からのんびり

午前中に天王寺動物園に行ってきました。ほとんどお客さんもいなくて、のんびり写真を撮れました。 動物たちも連休で疲れたのか、のんびり朝寝している子も多かったです。 動物の写真はぜんぜん撮っていないため、まあしょうがないという写真ですね。写真展…

ZINE制作の続き

残暑はあっさり終わりそうな天気予報ですがどうなるかなぁ…… 「ZINEを作ろう!」と決めて1ヶ月、そろそろ細かいことを考えた方がいいなと感じています。締め切り的に。

動物園へ

雨の合間に五月山動物園に行ってきました。 動物たちも雨が長いと疲れたりするのでしょうか? お目当てだったヒメウォンバットはみられませんでした。残念。 新型コロナウイルスのせいで、ゆっくり写真を撮れないのが悲しいです。

動物を撮りに行ってきました

サボりすぎて感覚を忘れています ニフレルに行ってきました。前回動物園に行ったのは、去年の4月王子動物園でした。サボりすぎですね。 カメラが新しくなってから、初めての動物撮影です。ワクワク。

探鳥(2020_03_13)

ファーストコンタクト(ピントが合ってませんが

「猫の日」

猫の日ですね!だから猫写真を貼っていきますね! 今週のお題「ねこ」 まずは映える写真を… 窓からの光が良い感じ ここは保護猫カフェです 私も引き取り手になりたいけれど 家族が猫嫌いなんですよね… 私もきちんと猫を飼える自信がないし… 自分ができること…

元気を出す前に

元気ってなんだろう。生きてるってなぁに? 今週のお題「元気の秘訣」 さいしょに もともと元気のない私は、「元気がない=疲れている」状態なので、疲れから回復することを大事にします。

老人も歩けばシャッターが切れる

朝の散歩は、したり/しなかったりですが 久しぶりに写真を撮る散歩をしてきました。 被写体は野鳥。いつもの朝の散歩に、カメラがついてきただけですが。 ここ最近、朝の散歩で思っていたのです。落葉樹の葉が落ちて、小鳥たちが観察できるようになってきた…

SNSとわたし

まったりと乱雑に書いてきます 最近、SNSの使い方やマーケティングの本を読んでみて思ったのは、自分が「はてな」のサービスを入り口にして、SNSを遊び場にしてきたので、「はてな」で慣れしたしんだSNSの使い方と、世の主流とされるSNSの使い方には、おおき…

情報疲れ

目が合っちゃいましたね… 先週末の台風接近以来、Twitterで情報を浴びていたのですが、やはり疲れが出始めて、ついにくたびれてしまいました。 これ以上はまずいので、PCの前から離れるべく、保護猫カフェに行ってきました。 入店して5分くらいは、お店にお…

もう一度行きたい場所

お題「もう一度行きたい場所」

保護猫カフェへ行ってきた

気温が30℃前後のこの頃にになると、動物園に出かける気力がない。歳である。 しかし日々の疲れは積み重なり、近場で動物に癒やされる場所はないか思い、保護猫カフェに行ってきた。 猫慣れしていない私は、入店時の注意で「この子は手を出すと噛みます」と教…

Night walk #8

Night walkの加工方法を、動物写真に適用してみたらどうなるかを試してみた。 サイバーパンク風写真は、色温度と色被りを変えているが、動物写真では太陽を光源にしていることがほとんどなので、色味を大きく変更すると目に馴染まない色になってしまう。(フ…

週報190413

桜は水曜の雨でずいぶん散った。 でも、まだ咲いているうちに入るかな。 グループ展 はてなHiker's写真展「ナイト・ホークス」 boundarylinebounda.wixsite.com 開催日程:2019/4/21(日)まで開催【4/15(月)は休廊日】 開廊時間:11~19時(最終日は18時…

週報181009

急にまた暑い日が戻ってきて、所用と重なり、めちゃくちゃ疲れた。 疲れると、気が滅入り、どうしようもなくエナジードリンクに頼るが、これもまた諸刃の剣で、結局疲れが残る。楽しいことに時間を使いたい。 今週は、鳥撮影とニフレル撮影。 街歩きをしたい…

キラキラ

疲れているときは、キラキラしているものを撮りたくなる。

切断

動物たちを撮りに行くことは、日常から切断されること。

週報171028

すっかり更新の間があいてしまいました。 しばらく同人誌のイベント企画を走らせたり、写真のZineをつくったりで、バタバタというか「もう限界…」という荒波の中、ブログをかく余裕がありませんでした。かなりぐったり疲れました。 それも昨日でひと段落して…

週報170930

撮影 散歩 久しぶりに夕方の散歩に出られた。今くらいの気温が、自分にとって一番快適なので、今の日々と散歩に出られたことが嬉しい。 万博公園に、彼岸花やコスモスを撮りに行きたい気持ちも強くあるが、ひとまず外に出ることから始めていきたい。 外を歩…

週報1700326

今週は撮影も編集もゼロ。 自分のライブラリを見返してみれば、1月はかなり撮っているが、2,3月は低調だった。 その代り、3月は本を読んだり、作ったりした。 そして気まぐれで、バイトしようと考えたのが、生活の足を引っ張ってしまった。得るものは無…

悟り

《分別のある》写真、(ただストゥディウムだけを充当された写真)を読み取る高邁な動作は、怠惰な動作である(ページをめくり、漫然と急いで眺め、だらだらと先を急ぐ)。これとは逆に、プンクトゥムの読み取り(先の尖った写真の読み取り)は、簡潔で、活…

無意志的特徴

ある種の細部は、私を《突き刺す》ことができるらしい。もしそれが私を突き刺さないとしたら、それはおそらく、写真家によって意図的にそこにおかれたからである。 私の関心を引く細部は、撮影された事物の場に、不可避でもあり無償でもある補足物として存在…

週報170319

今週の撮影は、久しぶりのボランティア団体の撮影のみ。 今週は連日アルバイトの応募とその対応に明け暮れたので、気力を消耗して、疲れてしまった。今は写真を撮りたい気分じゃない。 ボランティア 講演会と交流会の撮影だったので、特別いい写真が撮れたわ…

プンクトゥム「部分的特徴」

たいていの場合、プンクトゥムは《細部》である。つまり、部分的な対象である。それゆえ、プンクトゥムの実例を挙げていくと、ある意味で私自身を引き渡すことになる。 プンクトゥムというものは、道徳や上品な趣味を特別に好む訳ではない。無作法であって構…

ストゥディウムとプンクトゥムの共存

ストゥディウム(一般的関心) あるものに心を傾けること、ある人に対する好み、ある種の一般的な思い入れ。その思い入れには確かに熱意がこもっているが、しかし特別な激しさがある訳ではない。私が多くの写真に関心を抱き、それらを政治的証言として受け止…

単一な写真

「写真」は、それが《現実》を二重化せず、ゆらめかせずに、ただ強調して変換するとき、単一なものとなる(強調とは一種の凝集力なのである)。 そうした写真には、いかなる双数性も間接性も乱れない。単一な「写真」は、平凡になるためのあらゆる条件を備え…

欲望をかきたてること

私にとって風景写真は訪れることができるものではなく、住むことのできるものでなければならない。 この欲望は幻想的なモノであり、一種の透視力に根差している。透視力によって私は未来の、あるいはユートピア的な時代の方へ運ばれるか、または過去の、どこ…

意味すること

社会というものは、純粋な意味に対して警戒心を抱くものらしい。社会は意味を浴するが、しかしまた、それと同時に、その意味が雑音をともない、雑音によって鈍くなることをも欲するのである。それゆえ写真は、その意味があまりにも強烈すぎると、ただちに意…

週報170309

締切が無くなったので休みつつ、次に何をしようか考えたり、無目的にコマを動かしたりした週になった。 今週の撮影 奈良公園 入江泰吉記念写真美術館に行ったついでに、奈良公園でシカを撮影した。奈良公園近辺は、どこでもシカがいて面白い。 シカは目が大…

週報170210

今週の撮影 今週は撮影ゼロ。撮りに行きたかったが、気温が低くて、天気の悪い日が多かったのと、朝早く起きられなくなってしまった。 朝遅く起きても、電車で動物園に行ける収入があればと思うが、難しいので節約を頑張ろう。 あと、天王寺以外の動物園にも…