Pyrographilica

パイログラフィリカ

Still life

f:id:boundary-line:20200405150605j:plain

Still lifeは、静物という意味らしいです

 久しぶりに写真を撮ろうと思って撮った。最中から、「これどうしたらいいかな…?」と言うことばかりで、そうなると上手くは撮れない。しかしひとまず、自分の部屋で写真を撮れるのは分かった。

 世の中に息が詰まり、外の空気も存分には味わえない時期。室内で写真を撮ることが、めちゃ楽しいわけではない。

 ただ、こうした状況や心境を写真の偉人達も経験していたかもしれないと思うと、感慨深い。ピーマンとヌードのモノクロ写真を並べた、エドワード・ウェストンの逸話を思い出す。

 自分がウェストンでないことは、よく分かっている。しかし、こうして被写体と対面して何を見るかは、時に重かったりシンドイ時もあるけれど、その中で自分が生きている実感を得て、この先を考えるきっかけになったりする。

 そういう面が、写真撮影にもある。
 

Stroll #14

f:id:boundary-line:20200329131710j:plain

この桜

f:id:boundary-line:20200402211838j:plain

最後になるか

f:id:boundary-line:20200402211842j:plain

おぼろげに

 なかなか厳しい状況ですね。うちの自治体は、ひとまず来月初旬まで様子見です。

 こういう時に、誰かを楽しませる趣味を活かして…!とは思いますが、それは余剰なエナジーで活動するもの。失敗が許されず、生きるのにギリギリな状態では、なかなか難しいです。

 弱気になりつつ、弱気だからこそ見える桜の姿を覚えておこうと思います。

 

 あ、そうそう。はてなスターを外しました。