As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

#PY3 お手本を探してみましょう

 お手本にしたい写真を見つけられると、ある程度写真が撮れるようになったときも心強いです。

 このお手本写真は、インスタグラムのような写真SNSに頼るのではなく、美術館やギャラリー、写真集で見つけることをオススメします。

 インスタグラムで見られる写真は、玉石混合で流行に敏感、いいねの数でいい写真が決まるように見える、という諸刃の剣な面ががあります。

 美術館や写真集で見られる写真は、写真を専門とした第3者によって編集されていて、情報が整理されていることがほとんど。

 情報が整理されているとは、その写真家の特徴、これまでの作品制作の流れが、見やすくなっていること。

 

 写真の歴史は、他ジャンルの表現よりも浅いですが、それでも歴史の流れがあります。それを少しずつ知っていくと、自分の撮りたい写真が、「好き」以上に鮮明に見えてくることも。

 写真の歴史をひも解くとなると、バリバリ勉強しないといけないの…?と思われるかもしれませんが、好きになった写真作家が、過去にどんな作品・作家に影響を受けていたか、ということを知っていくだけでも、歴史を勉強することになります。

 「好き」を掘り下げる作業は必要になりますが、この作業ができる・できないで、上達できるかどうかが左右されます。

 どんな趣味も、「好き」を掘り下げる作業ができると、見える世界が変わってきますから、一気にバリバリ進めなくても結構ですので、そういうことにも関心をもてると趣味の見通しがきくようになります。