As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

Night Diver #3

 

 自分が直接被災しても、遠くで災害が起こっても、その惨状を写真や動画で見ると、本当につらくなってしまい、ぐったりしてしまうようになりました。だから本当は、こういう写真を残したい訳でもないのです。

 ぐったりしてしまうのは、被災された方に感情移入している訳ではなく、簡単に崩れ去ってしまう日常に、日々生きていく虚しさが増すからかな?と思っているのです。

 モノは新しくなったり、元に戻したりできるから、まだいいけれど。