As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

12:30 #6

 ユズの実が付いていた。「今年の実はゼロだ」、と残念そうに言われていた木だったが、こっそり隠していたようだ。

 ユズがたくさん生るかどうかは、正直いってあまり興味がない。たくさん採れるとユズジャムが作られているが、あまりパンを食べないので、恩恵がない。

 

 この時期、柑橘類の木があると楽しめることがある。

 それはアゲハチョウが毎日のようにやって来ることだ。

 

 土があまりない場所だし、そんなところで柑橘類の木が、たくさんあるとも思えないが、どこかでは繁殖しているのだろう。庭の木も、その一本だと思う。

 アゲハチョウの幼虫を狙ってくるのか、アシナガバチもよくやって来るし、鳥もやってくる。

 ナミアゲハの卵が100個あるときに、成虫になるのは0.6頭だというデータがあるそうだ。数字を見ると、結構厳しい環境を生き抜いている。

 アゲハチョウがふわふわ飛んでいる姿を見守ることは、生きるという力強さを見ているのだ。

広告を非表示にする