As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

12:30 #1

 

 

 しばらく「12:30」というお題の写真も、このブログに載せてみることにする。

 この元ネタは、大山顕さんの本だったと思うが、お昼の12:30に目の前にあるものを撮る、という本気モードとは違う写真の撮り方で遊ぼうというものだ。(本当は誰か他の人も12:30を撮って、写真を見せ合うというものだったと思う)

 いつものことながら、飽きたら終わり。手間のかからない遊びだと思って、1日1枚撮ってみようと思う。

 

 今日の写真は、駅で駅員さんが配布していた、パンフレットを入れてあった袋である。きれいな緑に、お祭りの赤が映えている。

 普段はポケットティッシュも受け取るかどうかという私が、パンフレットをもらったのは、「京都」という文字が目に入ったからだった。

 パンフレットを受け取った場所は、大阪の小さな街の駅だ。関東ならいざ知らず、関西で京都観光のパンフレットを配るなんて珍しい、と手が伸びてしまった。

 京都は宣伝しなくても、観光客をはじめ、関西でも好きな人が集まる、魅力的な場所だと思うが、観光客が減り始めたのか、それとも京都でお金を落としてくれる人が減っているのかは分からないが、何か背景がありそうだ。

 

 大阪に住んでいながら、一度も葵祭祇園祭時代祭も見たことが無い、というのもなんだか寂しいな、とパンフレットを読んでいて思った。