読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

週報170309

 締切が無くなったので休みつつ、次に何をしようか考えたり、無目的にコマを動かしたりした週になった。


今週の撮影

奈良公園

 入江泰吉記念写真美術館に行ったついでに、奈良公園でシカを撮影した。奈良公園近辺は、どこでもシカがいて面白い。

 シカは目が大きくてかわいいが、シカに餌を持っていると認識されると、凶暴なアタックを受けたりするので、注意が必要。

 20分くらいしか撮影できず消化不良だが、車があれば遠くはないので、また機会があれば、ゆっくり撮影しに行きたい。

 

天王寺動物園

 3週間ぶりに撮影に行けた。朝から行けたので、じっくり周った。

 50-500を持って行ったが、長らく使っていなかったので、取り回しが下手になっていた。この重量を持てるだけの、腕の筋力もぜんぜんなくなっている。
 50-500は鳥の撮影で試した。超望遠で飛んでいる鳥を撮るのは、かなり難しかった。一脚を持っていくべきだった。

 ホッキョクグマのイッちゃんが、ブイで遊んでいる姿を撮りたいのだが、前回行った時も潜ってばかりだった。今回も潜ってばかりで、残念。

 ジャガっ仔たちは、朝の内は元気に遊んでる。

 今回はレッサーパンダが外に出ていなかったので、あんまり撮れなかった。残念。

 50-500は、また運用できる筋力と技量を取り戻したい。

 動物園に行くと大量に撮ってしまうので、帰ってからの編集も長時間になり、疲れてしまう。これでもずいぶん簡素な編集にしているつもりなんだけども。

 

美術館

 入江泰吉記念写真美術館で開催されている、田淵三菜さんの「into the forest」を観に行った。

 これまでだったら、あんまり興味を持たないようなジャンルの写真なのだが、この展示は被写体を冷静に観察している部分と、作家さんの持ち味なのか、とてもチャーミングな印象を持てる写真だったので、かなり良かった。

 

 入江泰吉さんの写真も展示されていたので、「ついで」と思って観たが、こちらもかなり良かった。

 終戦直後の写真が多かったが、当時の奈良の景色に、ほんのちょっと要素が入るだけで、とてもリアルに感じられる写真だった。たとえば、五重塔のすぐ横を電線が走っていたり、道石が画面の端っこにちょんまり座っていたり。

 美術館としては大きくないが、静かにほぼ自分だけで観られたので、また気になる展示があったら、行ってみたい。

 

読書「明るい部屋」

 ロラン・バルトの名著を図書館で借りてきた。昔の本なので、読めない漢字も多く、辞書を引きながら、半分ほど読んだ。

 書いてあるすべてを理解できているとは思わないが、バルトの写真に対する、うねうね曲がりつつ進んでいく思考を追いかけるのは、なかなか面白い。保坂和志さんのエッセイを読むのに似ている。

 名著なので、やっぱり手元に欲しい一冊かな。

 

グループ展

 知人のつながりで、来月、中崎町にあるギャラリー主催のグループ展に参加しようかなと考え始めた。来週、ギャラリーを観に行って、決めるつもり。

 今聴いている話では、中崎町という立地の良さから、通りすがりのお客さんも結構入るらしく、また海外の旅行者の人も立ち寄るらしい。

 写真の展示経験はないけど、展示にちょっとでも興味のある方は、グループ展から始めるのはセオリーだと思うので、手始めによろしかったらどうでしょう?

 搬入は、写真が額に入っていれば、宅急便搬入でも対応してくださるようです。

 

「カメラヴ3」作品募集中 - 大阪市北区|中崎町|貸しギャラリー|モノコト

広告を非表示にする