読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

週報170224

 今週の撮影は無し。

 寒かったし、出かけるタイミングを逃したり。忙しかったり。まあ言い訳ですが。

多重露光

 3回ほど実施。

 素材がやっぱり足りていない。撮りに行くことができなかったので、今週は昔撮った写真をROMから引っ張ってきたりして、やってみた。

 手順としては当たり前だろうが、Lrで多重露光をイメージして画像調整して作り直し、Psで重ねてみて微調整を行うことが、一番効率的に思える。

 手は尽くしていると思うが、多重露光の決め手がまだつかめない。

 

今週試したこと

花の彩度

 花を重ねるなら彩度を上げた方が良い。さらにインスタのClarendonで仕上げると、見栄えする明るさと色になる。

 LrでClarendonのフリープリセットがあればと思うが、有料のものしか見つけられなかった。

 

重ねる写真の加工

 ちょっと前に流行った、Water Rogueで加工して重ねたら面白いかと思ったが、紙のテクスチャが強く出てしまって、思っているのとは違った仕上がりに。

 Psで油彩や水彩の加工をすると、加工が強すぎたり弱すぎたりで、ちょっと使えない。Psを使いこなせるようにならないと、無理だと思う。

 

根本的な課題

 重ねる写真のディテールが強すぎると、見るところが2つ以上になり、自分でも目が迷う。写真の分かりやすさを無くすのは、避けたい。

 しかし、重ねる写真のディテールが弱いと、重ねた写真に意味が無くなって、単純すぎる仕上がりになり、結果つまらない多重露光になる。

 

 被せる写真にどのくらいの力があるかで、多重露光の良さが決まるように思う。

 それはディテールのコントロールと、色の強さのコントロール、その他にも写真のパラメーターを、多重露光に向いた画像に加工することが、必要なのかもしれない。

 今は、どんな写真でも重ねられるような方程式みたいなものは、無いのかもしれないと思い始めている。

 

Zineの新刊

 多重露光写真を使って、写真集をつくることを決めた。

 しかしテキレボ5に委託出展する新刊なので、文章が必要。

 今回、自分は写真に専念することにして、文章はプロの物書きの方にお金を払って、原稿を依頼することにした。

 自分の写真に対して、どんなお話を書いてもらえるのか、今から楽しみ。

 まずは自分が写真の原稿を、きっちり仕上げないと。

 

レンタルボックス

 Boothでポストカード販売を始めたが、ポスカの通販は送料で高くついてしまうので、なかなか売れないものらしい。

 ということで、実物を手に取ったり、見たりできる販売方法を探していたら、レンタルボックスに行きついた。

 レンタルボックスには詳しくないが、お店の雰囲気と、人の入りについてはピンキリだろう。賃料もかかるし、販売手数料も取られる。なかなか儲けは出ない気もする。

 試験的に始めたいので、手ごろな値段と場所を探していたら、意外にも地元の商工会議所が、街おこしの一環でやっている場所を見つけた。

 見学に行くと、雰囲気はまあまあだったが、人の入りはイベントがないと厳しそう。

 でも何より賃料が破格の安さで、ちょうど今募集しているということだったので予約したら、無事場所を借りられることになった。

 4月からの販売なので、それまでに半年で試したいことを考えておきたい。

広告を非表示にする