As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

今週の散歩

今週は1回

 散歩に出られたのは1回。しばらく被写体を決めて散歩に出かけたが、市内はだいたい撮り終えた。まだ撮るなら、隣町へ脚をのばすしかない。
 次の「シンクウカン」のテーマ「空間」に向けて、もう少し同じ被写体で、数とバリエーションを撮りたい。同時に、他の被写体でも「空間」を撮れないか確認したい。
 路上スナップを1年間つづけてきて、市内は十分撮った気でいたが、裏道はまだ撮っていない場所がけっこうあることに気付いた。散歩するルートが一定なので、そこは考え直したい。

今撮りたいものは?

 正直、撮りたい被写体がよく分からない。経験的には、頭で考えてみるより、実際に撮りつづけることで快方に向かう。こういう時こそ、原点回帰するのが一番だろう。何とか動物園に行く予定を入れたい。

2016年の写真振り返り

 よく分からない時は、過去の写真を見返すのも、何かきっかけになる。今週は、今年撮った写真を振り返った。

 X100で撮った路上スナップは、どれも薄味な写真。薄味が悪い訳ではないが、被写体を決めて、7Dで撮影に行った写真は味が濃い。秋口に、コスモス、紅葉を撮ったあたりで、「単写真」の満足感を味わって、快感に酔った状態がつづいていた。

 

 自分の路上スナップは「組写真」で見ないと、自分でもあまりよく分からない。

 今年写真でやりたかったのは、写真を自分で編集して見てもらうこと。それはZineで形にできた。

 路上スナップをつづけるなら、今後もZineをつくり、写真を紡ぎ合わせてみえてくる潜在的な意図を確認していく作業が、定期的に必要だ。

 それを思い出せたので、振り返りをしてよかった。平常運転な写真に戻れそうだ。

 自分にとって写真で大事なのは楽しめることであり、単写真を編集で仕上げてみてもらうことと、組写真でぼんやりしたものを感じてもらうことの、バランス感覚を研ぎ澄ますことを忘れないようにしたい。でないと、撮影に行くことも、写真を楽しむことも、行動強化できず楽しくなくなる。