読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

 今日は久しぶりにカメラを持って、外に出られた。

 なんだか気分じゃなかった、と言ってしまえばそれまでだけれど、身近な場所でシャッターを切ることが、難しく感じるようになっているのかもしれない。先月の半分もない日にちしか、出歩いていない。まあ実際、簡単ではないけれど。

 いつものコースを、いつものように歩くだけでも、世界はうつろいゆくのは、頭では分かっているが、その変化を感じる感覚が鈍くなってきたのかな?と思うと、なんだか悲しい。自分の限界が近づいてきているような気がして。

 後は、撮りたい被写体への気持ちを、溜めることは大事かもしれないけれど、あまりにも身動きがとれないと、気持ちが折れてしまうのでは?とも思う。行きたいところへホイホイ行けるわけではないので、結局妥協するべき場所で撮らざるを得ないのだが、その折り合いがうまくついていないのかもしれない。

 いつものコースの手軽さを、見直すかな。