As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

夜梅

 梅を夕方になってから撮りに出かけた。夜桜は聞いたことあるし、撮ったこともあるけれど、夜梅は聞いたことも、撮ったこともない。「よるうめ」?それとも「やばい」?

 梅は枝に花が付くために、梅の黒い枝が写ってしまう。しかし梅の枝は強い割にはあまり美しいとは言えず、画面を縦走したり、直線が強く出たりで、梅を撮るのは本当は難しいと聞かされてきた。それは桜の写真集はたくさんあっても、梅で有名な写真集が無いことにあらわれていると思う。

 そんな梅を頑張って撮った写真を、去年ギャラリーで見た。梅の枝を夜の闇に溶かして、花だけ浮き上がらせるようにしている写真だった。写真を見たとき、なかなかいいアイデアだと思い、自分も試してみたいと思った。というのが、今回の写真の発端だ。

 でも暗い中では、梅の枝も見えない。こんな感じかなとシャッターを切ったのだけれど、肉眼で見えていない世界を可視化することはかなり難しかった。