読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

分析しない方が楽しいかな?

 今日も散歩に出られた。書くことが昨日で一段落したので、手持無沙汰だったから、というのもあると思う。何にしても、撮りに出られたのが良かった。

 先日からカラーで撮っているのだけれど、今日はカラーをモノクロにしない方が、しっくりくるような感覚になった。

 モノクロは記号化を促進して、カラーは情感を強調すると思っているのだけれど、写真を撮る人は、カラーとモノクロの違いをどう思っているんだろう。そんなことを聞いてみたい。カラーへのこだわりとか、どうしてもモノクロで撮りたいとか。そういう話。私は節操がなくて、よくわからなくなってしまうので。

 色々な人の写真を見ていて、わかると思える写真と、そうでない写真があるけれど、わからないけど、なぜか惹かれてしまう写真をたくさん見たいな、と思うようになってきた。

 「わかる」ということ自体を重要視すると、効率とか早さという方向に感覚が行ってしまう気がしている。

広告を非表示にする