As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

今日の散歩

 日をあけずに散歩に出られた。気分は乗っていなかったのだけれど、撮りだすと撮れるという感じ。やっぱり外や、街に行くと脳の運動が活発になる気がする。引きこもりに比べれば、そんなの当たり前か。

 ちょっと前から気づいていたのだけれど、老人や子ども、身体障碍者を見かけると、撮ってしまうクセが付いているみたいだ。

「ありきたりだなぁ」と思うけれど、社会的弱者に気持ちが動くなら、それに従っておいた方がいいのだろう。

それと同じで、実は植物や動物を撮らないようにしてきていた。心が弱っている感じがして嫌だなと思って撮らなかったのを、やめようかなと思い始めた。

まあ自分が自然ばっかり撮ってもしょうがない(自分のルールみたいなもので、撮りたいと思っている人は大いに撮ったらいいと思ってるけど)、とは相変わらず思っているけれど、街中で心が動いたなら撮っておいた方が、いいかなと。

 どうでもよくないのだけれど、はてブロの記事を書く画面で、入力文字数が表示されていたのが、消えている。あった方がよかったのに。

そういう機能が、あっさり消えてしまうのが「はてな」、というくらいは「はてな」のサービスを使ってきたということなんだけど。