As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

 写真で複雑なことをしたいと考えるようになってきている。単純なことは、だいたい出来るようになった気がしているからだ。

でも写真が複雑になると、伝わるという部分を残さないと、写真は理解されない。

 写真が伝わる。それは見た人に新しいことが多くても、理解できる部分があることだと思う。仮にまったく新しい写真表現を思いついたとしても、それに理解できる部分がないと、誰も理解できないと思う。

 それでも新しいことをやっていかないと、誰かに喜ばれることだけしていては、散発的に消耗していくだけのような気がする。

 

 自分が何を見たいのか明らかにしたい路上スナップなので、自分でもどこへ進んでいるのかわからないから、不安でこんなことを書いてしまうのだろう。

 その不安には、写真をたくさん撮ることしかないと思う。それが分かっていながら、なかなか手が付かないのは、自分の動かし方の問題だろうなと思う。