読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

言葉の違和感

 その行動は差別化している、と言われると違和感がある。

 たとえばカラー写真主流の時代に、モノクロ写真を撮るのも一つの差別化、といわれれば否定はできない。

 でもその差別化というとらえ方が、お金儲けがよりできるようにということだったり、有名になるためにやっている、というニュアンスが出てくるのが好きじゃない。別に全体を俯瞰して、ここの席が空いているから、そこに座ろうという感覚ではない。

 自分がモノクロ写真を撮るようになったのは、ひとつは森山大道の影響がある。そして写真を撮った後の編集も、カラー写真より楽だと感じているからだ。白と黒だけで記号化されて、単純そうで難しいそういうところも気に入っている。

 モノクロ写真にこだわっているように見えるのは、無理のない範囲で、やりたいことをやっているだけなのだと思っている。

全体を俯瞰してメタ視点で論理的に語られる言葉はカッコいいけど、言葉は死んでると思う。

広告を非表示にする