As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

ぼっち

この頃は、1人でいてもなんとも思わなくなってきた。

幸せな状態なんだろうな、と思う。