As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

独りでもやっていける。と自分が思っているから、写真を撮っているのだと思う。