As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

重いレンズを下げて歩きまわっても、一日の終わりにくたびれはてることが無くなってきた。