As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

写真には飽きてないけれど、「はっ!これは面白いテーマかもしれない!」と思ったことについては、自分はすさまじい速度で飽きていくことに気付いた。