As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

目に見える季節を追いかけていれば、飽きることはあんまりないと思うけど、それでいいのか?というのもあると思う。