As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

自分の内面はあやふやで断定しにくいのに、他人を見るときは断定的になってしまうのは何故なんだろう。