As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

やっぱりコンデジと違って、ファインダーを覗いて撮る、というのは全然違う感覚だった。(ちょっと思い出したようです。)