As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

客観的には何もしてない日々。主観では?

 

どこかにはたどり着くと信じてないと、歩けなくなるかもしれない。