As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

 運で撮れるような写真だけれど、まだ自分には運があるんだ、ということに気づかされる。