As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

snapshot

先日の私設図書館では、森山大道の写真集も少し読んだ。森山大道の文章と写真という形の著書では、写真を見たことがあったけれど、ちゃんと写真集で見てみたいと前々から思っていたので、いい機会だった。 驚いたのは、森山大道がモデルのヌードを撮っていた…

発見の時代

奈良原一高の「王国」は出版当時、人があまり撮影していない、刑務所、軍艦島をテーマにした写真集だった。 こういう写真を見ると、昔はカメラが立ち入っていない場所に、写真を撮れる人間が入るだけで価値があった、「発見」をすれば良かった世界があったの…

また写真散歩が久しぶりになってしまった。今日は生活リズムを取り戻して撮れた感じだ。 今日も地元を歩いたのだけれど、神社で十日戎の祭礼をしていて賑わっていたので、ちょっとだけ雑踏を味わってきた。田舎の祭りで、日中のこのくらいの人出なら、まだ楽…

2016年写真はじめ

年末から今日まで写真を撮らなかった。なんとなくという感じだけど、生活がだらけていたのが原因かな。毎日撮ろうと思えば撮れる中で、撮りたいという気持ちになるコンディションを整えるのも、なかなか大変なことなのかもしれない。 今日はいつも通りなルー…

ぼんやりとした目標

本年もこのブログとともに、よろしくお願いいたします。 お正月の今日も引きこもって、年始の目標など書き物をしていた。しかし、これだけ長く引きこもって座っていると、腰が悪くなってきた気がするので、そろそろ外に出ないと。 天気予報は、しばらく雨は…

来年に向けて

この写真ブログは、今年の8月末くらいから毎日のように更新するようになった。 写真に一言だけ付けるようにしていたのが、いつの間にか、ちゃんと書かないといけないような気がしていた。 と書くと、重荷に感じていたような書き方だけれど、白い編集画面を見…

今日は昨日撮った動画の編集をしていた。20分くらいの動画を10分の動画にするだけで、3時間くらいかかってしまった。 そして、1週間写真を撮ってないことになった。2月のイベント用の写真のプリントをしたり、Zineの台割を考えたりしているので、写真から離…

今日も自転車に乗って、動画撮影をした。路面を選べばカメラへの振動は少なくなるものの、それでも映像は揺れるので、そのうちカメラが壊れるんじゃないか、という気がしてきた。こうなってくると、アクションカメラも欲しいかな。 昨日撮った映像は、ツイキ…

また5日くらい写真を撮っていない。寒いのもあるけれど、そもそも生活リズムが悪くて、引きこもり気味になってきた。 それもあんまりよくないので、クリスマスに淡水鯨さんからいただいた、ミノウラのカメラマウントを試してみた。 取り付けは簡単。添付され…

写真で複雑なことをしたいと考えるようになってきている。単純なことは、だいたい出来るようになった気がしているからだ。 でも写真が複雑になると、伝わるという部分を残さないと、写真は理解されない。 写真が伝わる。それは見た人に新しいことが多くても…

自分の写真は何を目指しているんだろう。そういう時は、もっと撮らないといけないのだろう。自分はそういう答えが出ない考え事で、頭が先行しやすい性格なんだな。 でも新しい道具が手に入ったら、何も考えずに道具を振り回してみたくなることも多い。そうや…

写真の目的

写真の目的は、誰かに伝えることも大事だと思う。でも誰がどういう風に受け取ってくれるか、というコミュニケーションは制御出来るものではないと思う。広告などの商業写真を除いて。 コミュニケーションは、理論的で意味が通っていて、短時間で相手に分かっ…

また前進かな?

昨日は出かけなかった。午前中は雨だったし、午後は考え事を始めたら夕方になっていたので。 考え事は「芸術の目的とは何か」という、自分にしては考えたことのないような大きなスケールで考え始めて、本の山をひっくり返したりしたのだけれど、自分で答えを…

昨日は1時間半ほど散歩。200枚くらい撮れた。ちょっと時間が長かったので、ちょっと疲れた。 ファインダーを覗くことをしだすと、枚数が減っていく気がする。しかし、覗かないからいい写真が撮れる、というものでもない気がしていて、その線引きみたいなもの…

パース

昨日は地元で1時間半ほど、写真散歩。途中から、買い物になってしまったけれど。 この間、ボケを使わずパンフォーカスで撮っているという話を書いたけれど、パンフォーカスで撮っていても、自分の認識感覚を表出させる方法を、自然と選んでいるような写真を…

ちょっと前進

天気予報で雨が降る「かもしれない」となると、出かけないことにしていたのだけれど、それに逆らってみた。昨日は、久しぶりの大阪へ。 前回、大阪の写真散歩は失敗した感じがあったのだけれど、今日は人ごみに負けないようにひたすらシャッターを切り続けた…

見ること

最近X100で撮るときは、ろくにファインダーを覗かなくなってきた。でも被写体を肉眼では視認している。 結果狙いを外してしまうこともあるけれど、だいたいこのくらいでフレームに収まる、という感覚がちょっとづつ付いてきてはいる。 そういうギャンブルの…

6日ぶりというのは、久しぶり、に入る気がするのだけれど、久しぶりでも撮ることが出来た。そして、やっと隣町に行くことが出来た。 雨が降り出すまでという時間制限はあったものの、商店街を撮れたのでそれなりに満足して帰ってきた。 街の違いは多くないけ…

被写界深度

路上スナップが、自分の撮る写真のほとんどになって、被写界深度を浅くすることが無くなった。あるとしたら、モノに近づいてマクロ撮影になる時くらいだと思う。 ボケの良さを忘れたわけではないけれど、路上スナップで中心を持たないような写真を撮りたいと…

一歩ずつと書いておきながら、完全に一息入れる感じになってきた。 完全に自動化できてしまうと、それはそれで問題だと思うので、今はしょうがないのかもしれない。 と言いつつも、プリントしたりしているけれど。 ちょっとは整理整頓もしたほうがいいかな(…

一歩ずつ

今週はやってみたいことに手を挙げて、予定をグワーッと動かしたし、前から動かしていたことの返事も来て、週末になって疲れが出てきた。 こうなるのが、分かっていながらやったのだけれど、反省するべきとは感じていなくて、「簡単にできることだけやってい…

優先順位

昨日は、来年のzineのイベントに出展するかどうかで、電卓をたたいたり、悩んだりして半日過ごした。なので写真散歩してない。 今は自分の回転数が上がってる感じなのだけれど、何にクラッチがつながっているのかは、ぼんやりしてる。写真から他のことへと、…

ほのぼの

特別に思い入れがあるわけじゃないのだけれど、先日、地元でビンテージカーのイベントに行って、のんびりと車の写真を撮った。 会場をぶらぶらしていて感じたのは、参加している人、見に来ている人、大人から子ども、男女ともに、みんな嬉しそうだった。 地…

自分の存在

今日は路上スナップで、ノーファインダー6割くらいで撮ったのだけれど、下手な鉄砲じゃないけれど、狙わずに撮ってシャッターを切って、強度のある写真が撮れると、いったい自分の存在って何なんだろう?と思ってしまう。 グーグルのストリートビューの写真…

強度

昨日は友人に、年賀状用の写真を頼まれて、久しぶりにポートレートを撮った。彼は音楽活動もしているので、アー写にも使うのかな? いかんせんポートレートは久しぶりなので、不安が無かったと言れば嘘になるけれど、シャッターを切れば写真は撮れる。 いざ…

写真と言葉

数年前、写真を撮る人間は自分の写真を言葉で表現できないといけない、という内容の話を読んだ記憶があるのだけれど、今も主流なのかな? たぶん現代アートとして、グローバルな写真作品を作る場合には、必要なことなのだと思うけれど、写真を撮る人間全員が…

昨日は夕方の散歩。近所のイルミネーションが始まっているので、日が暮れてからイルミネーションを目当てに行ってみた。 が、規模が小さいので、見た目はあんまりよくない。 大きいTV画面に慣れてしまうと、小さい画面には戻りにくいように、イルミネーショ…

私は写真を撮りたいし、文章を書きたいし、粘土をこねたいし、音楽を作ってみたい。 師走だから焦りましょう、というわけではなくて、とにかく気になってることは、全部やってみましょう。計画的に。

今日も改札前の写真。自分ではこういうのを面白がっている。 人の写っている写真が、やっぱり強いと思うから、人を撮ってしまうけれど、もともとは人が写っていない写真をたくさん撮っていたので、ちょっと自分の中のバランスが崩れてきた気もする。500pxの…

Lightroomを試用ダウンロードしたのだけれど、説明がなくて32bit対応だと思っていたら、64bitだったらしく何度もインストールに失敗した。 中途半端なインストールでも、とりあえず使えるようにはなったけれど、なんか不満が残るなぁ。 これで、またカラー写…