As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

週報170722

撮影 ゼロ 12:30 ハイクとインスタでは、毎日続いている。 コラージュ 3回 暑くて出かけられない時に、コラージュを始めて良かったなという感じ。画材を買うためのお金として、食費が消えていくけど。 来週から簡単な絵画を習いに行くので、コラージュも楽…

LAB04 ウォッシュ

やったことと感想 LAB01ジェッソで作った下地に、インクやアクリル絵の具を薄めた液を重ね塗りした。 自分が刷毛で直線的にしか塗れなかったために単調な仕上がりになったのか、そもそも下地のジェッソが単調過ぎたのか分からないが、ちょっとつまらない仕上…

LAB03 画像

やったことと感想 ジェッソ:水=6:4では、ウォッシュとして薄すぎる感じ。 途中でしぶきを飛ばしてみるのを試してみたけど、こっちは原液で行ったのだが濃すぎた。 その筆を、ウオッシュで洗うと、ちょうどいいくらいのジェッソの濃度になった。 お手本の…

LAB01 ジェッソ

やったことと感想 ジェッソとアクリル絵の具をパレットで混ぜて、画用紙に刷毛で塗り、1~2分乾かしてから、コームで絵の具をはぎ取った。これが一番楽しかった。が、均一な模様にするには慣れが必要。乾いたジェッソに凸凹ができるのが、楽しい。かなりケチ…

週報170716

撮影ボランティア 2回。会議とイベントを撮影。 どちらも軽い仕事なので苦労はしなかったが、それゆえいい写真が撮れているともいいがたい。 コラージュ デジタルコラージュでなく、アナログコラージュの本を購入。 写真の話からはズレていくかもしれないが…

選択と集中(写真編)

自分年表からの選択と集中 - ウサギノオト 写真は交通費などお金のかからない写真を続けてきたが、それをいったん見直そうと思う。 つまり、路上スナップで街や人を撮るのは面白いけど減らし、代わりに路上でも植物や猫・鳥などを撮ったり、できれば動物園や…

週報170708

Nighthawks 夜の買い物ついでに1回。 神社のお祭りが近づいてきていて、提灯が下がっていたりして、夏だな~。 蒸し暑いのは何ともならないので、しばらく写真散歩は夜だけになると思う。 コラージュ 前からデジタルでコラージュをしたいと思っていたが、き…

週報170702

撮影 万博記念公園 そろそろ見ごろが終わるアジサイを撮りに行った。曇りだったが十分蒸し暑く、汗を流しながらの撮影だった。 アジサイの森までの道、多少植えてあった植物のレイアウトが変わっていた。アジサイの森も、ウッドチップの道になっていたり、整…

12:30 #9

この企画も普段いる場所から見える箇所で、「写真を撮ろうか」と思う箇所が減ってきた。今後似たような写真になる可能性は高い。しかし、何事もネタが無くなってから、どれだけ書けるか・撮れるかが勝負だと思う。マンネリとの戦いも含めて。 今日は本棚。今…

12:30 #8

昼過ぎまで雨だった。雨の日も写真を撮りに出かけると楽しいが、同人誌の原稿を書いている間に雨が上がってしまった。残念。 雨の日の緑が生き生きしているように感じるのは、なぜなんだろう。 植物に水分が欠かせないというイメージからそう感じるなら、人…

12:30 #7

先日ブログに書いた、作業するときに必要なカフェインは、このペプシストロングゼロで摂取している。 強炭酸が気分をあげてくれるし、カフェインが1本で約90㎎入っているので、飲むと目が覚めて頭が回り出す。 私は夜にコーヒーを飲んでも難なく眠れるので、…

12:30 #6

ユズの実が付いていた。「今年の実はゼロだ」、と残念そうに言われていた木だったが、こっそり隠していたようだ。 ユズがたくさん生るかどうかは、正直いってあまり興味がない。たくさん採れるとユズジャムが作られているが、あまりパンを食べないので、恩恵…

12:30 #5

「黄色トマトができると思うから」と言われた苗に、実がついた。 この色は、どう見てもオレンジ色だろう。 幼稚園児が描きそうな太陽の色を吸い込んだオレンジ。 トマトは、割と好きな野菜だ。味がしっかりしているし、食べるのに手間がかからない。夏に良く…

12:30 #4

喫煙を続けて10年近くになる。幸いどこも悪いところがないので、吸い続けるつもりだが、口うるさい人はいて、禁煙しろだの減らせだの言われたりする。 ニコチンによる覚醒効果を日々体感しているので、同人誌を書く時などはニコチンとカフェインなしで作業す…

12:30 #3

今日は阪神競馬場で上半期の締めくくり、宝塚記念が開催される。注目はキタサンブラックが優勝するかどうかだろう。 キタサンが出走するここ2走のレースでは、馬券的妙味がなくて逆らってきたが、今回は素直に従うことにした。馬場が悪くても、キタサンが疲…

週報170624

撮影 散歩 午前中に時間ができたので、近所を散歩。晴れていたので、じわっと暑い日だった。 近所の散歩は、もう撮りつくしたと思っていたが、枚数は少ないながら撮りたいものはあった。 加えて、50年後を予想しつつ撮ることは、そういう視点で街を見ていく…

12:30 #2

バナナは好きで、小腹が減ったときに食べるには、1本が適量であり助かることが多い。 しかしである。この大量さはいかがなものか。これだけあると毎日食べても、最後の方は黒くて柔らかくなってしまったバナナを食べることになってしまうだろう。 バナナ好き…

12:30 #1

しばらく「12:30」というお題の写真も、このブログに載せてみることにする。 この元ネタは、大山顕さんの本だったと思うが、お昼の12:30に目の前にあるものを撮る、という本気モードとは違う写真の撮り方で遊ぼうというものだ。(本当は誰か他の人も12:30を…

Answer

いい歳して何をやってるの?と言うのは常識がある人のセリフだろう。 でも常識的なことは、常識であって、なかなか面白いとは言えないことも多い。面白いことは常識からはみ出した、その部分にやどっていると思う。そこを誰かから評価されると、やっている方…

週報170618

撮影 セルフポートレイト 必要に迫られて、公園で1時間ほど撮影。気恥ずかしい気持ちになる撮影だけど、それは自意識過剰というものだ。こんなおじさんが独りで写真を撮っていても、誰も咎めたりしない。 撮り始めは躊躇があるが、撮り続けると、散歩で通り…

週報170611

撮影 雨の日 ソールライターの写真をチラッと見たことで、雨の日に写真を撮ってみたいと思い、手持ちのカメラとレンズを確認してみると、防滴のボディとレンズがあったので、雨の日の写真散歩をしてみた。 撮った写真は、歩行者がさしている傘が中心になった…

今を生きて、何を撮ることが楽しめるのか

この間、新宿のゴールデン街のような猥雑な場所で写真を撮るのは、品がないというような趣旨の話を目にしました。自分も、猥雑な場所に行くと遠慮がちに撮ってしまいますが、お話を目にしてそういう写真は、あまり価値のない写真のかもと思い始めました。 目…

週報170604

撮影 隣まちへ 以前から自分の住んでいる街以外の写真散歩がしたいと書いてきたが、それにやっと着手できた。 隣まちも城下町だが、改めて歩いてみると雰囲気が全然違う。子どもたちでにぎわう公園、昼間からジャズの生バンドが演奏している喫茶店、自分の街…

週報170529

今週は撮影ほぼゼロ。 図書館に出かけるときに、X100で撮ってはいるが、見返せていない。それもこれも、テキレボのフライヤーづくりに時間を割いたからだ。 あとは、シンクウカン vol.3 に向けた、写真のセレクトと編集。 ちょっとパンチが足りない気もする…

週報170521

撮影 バラ園 見ごろ時期を少し過ぎていたが、まだきれいに咲いていた。 お天気が曇りだから行ったけど、着いたら晴れてきて、花の影が強くなってしまい、ちょっと困ったが、日差しがあることで、花の輝きを感じる場面もあった。花の撮影は薄曇りが理想だが、…

出会いたい人

週報170514

撮影 近所の写真散歩を2回した。 体力が無くなってきた感じがあるので、散歩をぼちぼちやっていこうかと考えてのことだった。 昼間に歩き回ると、すでに暑い季節なので、夕方の散歩にしようかな。 本当は電車を使って、近隣の街へ散歩に出られるようになり…

マイナー好き(はてなハイク向け)

つらいやつ

おやつタイム

ガンダム脳

なぞ!

かんじんの!

じんぶつさつえい

絵は上手いに越したことはないと思うけど、下手でも味があると言えるけど、きれいにオチが付けられないと、4コマとしての面白さが出ないね。初心者には難しかったです。 気が向いたら、またつくるかも。

週報170508

撮影 ボランティア ジャズフェスの撮影ボランティアを2日間してきた。 事前にどんなボランティアなのか?など、メールで質問を送っていたが、返事がなかったためエイヤで参加してみたが、ボランティアなのに求められるレベルが高く、必要カット数で指定され…

週報170501

撮影 近所の散歩 弁天さんの山道を半時間ほど散歩。写真を撮るというより、山の空気を吸うために行った。木々の甘いにおいがして、気持ちよかった。次の日には、筋肉痛になってダルくなってしまったけど。 イベント 地元の社協で関わっているボランティア啓…

週報170423

撮影 近所の散歩 図書館の行き帰りにX100で撮った。 撮れることは撮れるけど、あざといというか、いかにもという写真を撮ってしまった。こういう気持ちで撮ることを積み重ねていくのは、結果的によくない方向に進んでしまうと思う。 グルグル 先週書いた「自…

週報170416

写真を真面目に続けるのやめようかな、と。 すぐ決めることじゃないけど、本当に目の前の光景に心を動かされて撮れているのか分からなくなってきた。 写真は好きだけど、向いてないのかもしれない、と。 こういう疑いの視線で、自分の内を見始めると、辞める…

夜桜ライトアップ

弁天さんで夜桜ライトアップされている情報を聞いて、撮りに行ってきた。 水面もきれいだ。 風があったので、桜はぶれてしまう。 水辺の桜は、いいね。夜だとなおさら。 カラーライトのライトアップもあった。幻想的。 今日の雨で、もう散ってしまっただろう…

週報170410

あたたかくなり出かける日が多くなったが、自転車で長距離移動をし過ぎて、体力的に疲れている日が増えてきた。しばらく休んだだけじゃ回復できないくらい、歳を取ったんだなぁ。 撮影 阪神競馬場 大阪杯を観に行ったときはX100で、桜花賞は7Dと50-500で撮っ…

週報170331

撮影、編集ともに予定通りのゼロ。 映画をちょっと見たり、ゼルダを遊んだりしていた。 これまでゼルダは手を出したことが無かったので、どんなものかな?と思っていた。 遊んでみるとゲーム自体が面白いこともあるが、画面の中に広がる何気ない景色の中で、…

週報1700326

今週は撮影も編集もゼロ。 自分のライブラリを見返してみれば、1月はかなり撮っているが、2,3月は低調だった。 その代り、3月は本を読んだり、作ったりした。 そして気まぐれで、バイトしようと考えたのが、生活の足を引っ張ってしまった。得るものは無…

悟り

《分別のある》写真、(ただストゥディウムだけを充当された写真)を読み取る高邁な動作は、怠惰な動作である(ページをめくり、漫然と急いで眺め、だらだらと先を急ぐ)。これとは逆に、プンクトゥムの読み取り(先の尖った写真の読み取り)は、簡潔で、活…

無意志的特徴

ある種の細部は、私を《突き刺す》ことができるらしい。もしそれが私を突き刺さないとしたら、それはおそらく、写真家によって意図的にそこにおかれたからである。 私の関心を引く細部は、撮影された事物の場に、不可避でもあり無償でもある補足物として存在…

週報170319

今週の撮影は、久しぶりのボランティア団体の撮影のみ。 今週は連日アルバイトの応募とその対応に明け暮れたので、気力を消耗して、疲れてしまった。今は写真を撮りたい気分じゃない。 ボランティア 講演会と交流会の撮影だったので、特別いい写真が撮れたわ…

プンクトゥム「部分的特徴」

たいていの場合、プンクトゥムは《細部》である。つまり、部分的な対象である。それゆえ、プンクトゥムの実例を挙げていくと、ある意味で私自身を引き渡すことになる。 プンクトゥムというものは、道徳や上品な趣味を特別に好む訳ではない。無作法であって構…

ストゥディウムとプンクトゥムの共存

ストゥディウム(一般的関心) あるものに心を傾けること、ある人に対する好み、ある種の一般的な思い入れ。その思い入れには確かに熱意がこもっているが、しかし特別な激しさがある訳ではない。私が多くの写真に関心を抱き、それらを政治的証言として受け止…

単一な写真

「写真」は、それが《現実》を二重化せず、ゆらめかせずに、ただ強調して変換するとき、単一なものとなる(強調とは一種の凝集力なのである)。 そうした写真には、いかなる双数性も間接性も乱れない。単一な「写真」は、平凡になるためのあらゆる条件を備え…

欲望をかきたてること

私にとって風景写真は訪れることができるものではなく、住むことのできるものでなければならない。 この欲望は幻想的なモノであり、一種の透視力に根差している。透視力によって私は未来の、あるいはユートピア的な時代の方へ運ばれるか、または過去の、どこ…

意味すること

社会というものは、純粋な意味に対して警戒心を抱くものらしい。社会は意味を浴するが、しかしまた、それと同時に、その意味が雑音をともない、雑音によって鈍くなることをも欲するのである。それゆえ写真は、その意味があまりにも強烈すぎると、ただちに意…