読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

意味すること

社会というものは、純粋な意味に対して警戒心を抱くものらしい。社会は意味を浴するが、しかしまた、それと同時に、その意味が雑音をともない、雑音によって鈍くなることをも欲するのである。それゆえ写真は、その意味があまりにも強烈すぎると、ただちに意味を曲げて受け取られる。政治的に消費されずに、美的に消費されてしまう。

 

 バルトが生きた時代、1980年くらいまでの社会で書かれた内容だが、現在の日本社会でも十分通用する話のように思う。

 ちょっと意味が違ってくるかもしれないが、オリンピックのメダリストが、競技生活ではなく、私生活に興味を持たれること。俳優が表現力の高い演技をした映画の試写会で、プライベートを聞かれること。有名な表現者となったときに、その人のゴシップを教えたがるマスコミと知りたがる大衆。

 表現者の表現だけを純粋に受け取って楽しむことが、崇高な楽しみ方とは言わないが、興味本位の噂話をレイヤーを入れることで、表現者人間性を知り、自分の身近に、あるいは同じ人間だと感じたい欲は、ある一定の人が持っている関心なのだろう。

 純粋に研ぎ澄ませた写真と言われて、個人的に思い出す写真群はメイプルソープの写真だ。当時の彼の写真に対する社会的反応をよくは知らないが、彼のプライベートを含めて、写真がゴシップ的に消費された部分は、小さくないと思う。

 

 バルトは美的に消費されることに対して否定的なニュアンスで書かれているが、これは最後のあたりで写真の本質に迫る箇所で、写真を芸術にしてしまうと、写真の狂気が骨抜きにされてしまうと書いている。

 政治的に写真が消費されることが良いというニュアンスで書いているのは、個人的には受け入れがたい。個人的には、政治を知るのは大事だと思う。表現で政治に物申すスタンスは好きじゃないが、まだいい。表現者がメディアで発言したり、書いたりするもので政治を批判すると、専門外を感情的に批判していると感じられて、萎えてしまうことが多い。

 

《すぐれた》写真のどれについても言えることは、せいぜいその被写体が語るということ、被写体が漠然と考えさせるということだけである。しかも、それさえ危険視される恐れがある。究極的には、まったく意味を持たないほうが安全なのである。
「写真」が秩序壊乱的なもにとなるのは、恐れさせ、動転させ、さらには烙印を押す時ではなく、それが考え込むときなのである。

 

 バルトは安全な方を選んだ方がよい、と薦めているのだろうか。個人的には、後半の写真が秩序壊乱的になって欲しいと思っていたようにみえるのだが。バルトの他の著書も読んでみないと、バルトの考えの流れが、ここだけでは見えない。

 現在でも「被写体が語っている写真、被写体に漠然と考えさせられる写真」を見ることはある。が、そこが表現の頭打ちになっているようだとも感じる(自分は棚に上げておくとして)。

 今でも秩序壊乱的な、考え込ませるような写真もあるのかもしれない。それは私の写真を見る目が、肥えてはいないという自己認識があるからだ。

 しかし現在の社会で、考え込ませるような表現を享受できるのは、ごく一部の人間で、大半の人は「分かりやすさ」を求めているのが、実情ではないだろうか。

 多くの人が求める「分かりやすさ」が顕著にあらわているのは、トランプ大統領の誕生をはじめとする、世界情勢の流れに現れていると感じる。

 ネットでもリアルでも、さまざまな情報が溢れすぎていて、時間をかけてひとつひとつを吟味する、考えることができなくなっている、あるいは望まれていないことなのかもしれない。

 

 バルトの生きた時代でも、写真は骨抜きにされつつあったのかもしれないが、現在では写真撮影者にも受け手の社会にも、もう骨が無いのかもしれない。

不意にとらえること

 「明るい部屋――写真についての覚書ーー」を読んでの、感想や考えたことを、ちょこちょこ書いていこうと思う。

 

明るい部屋の概要

 最初なので、この本を簡単に紹介する。

 著者のロラン・バルトは母を亡くし、母を思い返す手段として手元に残った母の写真を見るのだが、どれも母らしく写っておらず、不満を抱える。

 最終的に、これこそ母だという写真をバルトは見つける。それは、母の幼少期の写真だった。

 バルトは、母が母らしく写っている写真を探す中で、写真の本質に迫っていく。

 それは「母らしさ」という雰囲気が、どうすれば写真に写せるかという挑戦的な思考を、写真を分解可能な範囲で解体していゆく過程が、本に書きしるしてある。

 この本は、写真の理論書のようでもあり、バルトの私小説のようでもある。私は保坂和志のエッセイが好きだが、この本は保坂和志と近いように感じた。

 写真に関しての名著なので、初心者を脱するときに読んでみるのが良いと思う。

 

14. 不意にとらえること

 本では1.から始まるが、飛ばすことにする。この章では、写真で人の心をとらえる要素が書かれていた。以下意訳引用。

 

写真で心をとらえること

  1. 被写体の珍しさ
  2. 動きの早い場面で決定的瞬間を撮る
  3. 目に見えない速さ、百万分の一秒を撮るようなこと
  4. 技術上の曲芸(多重露光、特殊なレンズによる歪曲、フレーミングの失敗、ピンボケなど)
  5. 思わぬ掘り出し物(優秀なカメラマンが、チャンスに恵まれ、不意にとらえる自然な情景)

 いすれにしても挑戦がないと、得ることは出来ない。

 

 写真は、それがなぜ写されたのか分からなくなるときに、真に《驚くべきもの=不意をうつもの》になる。

 初心者のうちは、見る人の心をつかむために、注目に値するものを写す。しかし上達してゆくと、写された被写体こそが注目に値するものだというようになる。

 そこでは、《なんでもかまわないもの》が、最高に凝った価値となる。

 

感想

 写真で心をつかむ条件は、重複することはあまりないと思われた。できれば、強い写真になると思う。

 大雑把にいうと、決定的瞬間(ブレッソンの言葉を訳した時に生まれた言葉)や、魔界森山大道がこういう趣旨で書いていた気がする)を撮ることを辿っていくのではないだろうか。

 つまり、日常にある非日常を見つけること。非日常を見ようとする、見つけようとする挑戦が必要だということだと思った。

 カメラを持ってワクワクしないという人は、少なくとも「この道」はあきらめて、ガジェット好きに転向した方がよさそうだ。

 

 しかし、後半に出てくる《なんでもかまわないもの》というのは難しい。

 なぜなら、なんでもよいなら、すごく大量の写真を撮るようになるか、まったく思うように撮れなくなるか、という結果に落ち着くと思うからだ。

 そして、「これこそが私の中では価値のあることだ」、と言い切れるだけの自分の価値観・世界観を明言できることも、前提条件に入ってくるかもしれない。

 しかし、価値観なり世界観を完全に言葉で語れるなら、写真は必要ない。言葉をつかうことが達者なら、詩人か小説家になる方がいい。

 言葉の先にある「何か」、言葉では表現しきれない「何か」を、写真に込められるようにならないといけないだろう。

 自分はそういうことはまだできていないので、まだまだだと思う。

 でもそういうことも、粘土をこねるように時々転がしていかないと、力が付かないだろうな。

週報170309

 締切が無くなったので休みつつ、次に何をしようか考えたり、無目的にコマを動かしたりした週になった。


今週の撮影

奈良公園

 入江泰吉記念写真美術館に行ったついでに、奈良公園でシカを撮影した。奈良公園近辺は、どこでもシカがいて面白い。

 シカは目が大きくてかわいいが、シカに餌を持っていると認識されると、凶暴なアタックを受けたりするので、注意が必要。

 20分くらいしか撮影できず消化不良だが、車があれば遠くはないので、また機会があれば、ゆっくり撮影しに行きたい。

 

天王寺動物園

 3週間ぶりに撮影に行けた。朝から行けたので、じっくり周った。

 50-500を持って行ったが、長らく使っていなかったので、取り回しが下手になっていた。この重量を持てるだけの、腕の筋力もぜんぜんなくなっている。
 50-500は鳥の撮影で試した。超望遠で飛んでいる鳥を撮るのは、かなり難しかった。一脚を持っていくべきだった。

 ホッキョクグマのイッちゃんが、ブイで遊んでいる姿を撮りたいのだが、前回行った時も潜ってばかりだった。今回も潜ってばかりで、残念。

 ジャガっ仔たちは、朝の内は元気に遊んでる。

 今回はレッサーパンダが外に出ていなかったので、あんまり撮れなかった。残念。

 50-500は、また運用できる筋力と技量を取り戻したい。

 動物園に行くと大量に撮ってしまうので、帰ってからの編集も長時間になり、疲れてしまう。これでもずいぶん簡素な編集にしているつもりなんだけども。

 

美術館

 入江泰吉記念写真美術館で開催されている、田淵三菜さんの「into the forest」を観に行った。

 これまでだったら、あんまり興味を持たないようなジャンルの写真なのだが、この展示は被写体を冷静に観察している部分と、作家さんの持ち味なのか、とてもチャーミングな印象を持てる写真だったので、かなり良かった。

 

 入江泰吉さんの写真も展示されていたので、「ついで」と思って観たが、こちらもかなり良かった。

 終戦直後の写真が多かったが、当時の奈良の景色に、ほんのちょっと要素が入るだけで、とてもリアルに感じられる写真だった。たとえば、五重塔のすぐ横を電線が走っていたり、道石が画面の端っこにちょんまり座っていたり。

 美術館としては大きくないが、静かにほぼ自分だけで観られたので、また気になる展示があったら、行ってみたい。

 

読書「明るい部屋」

 ロラン・バルトの名著を図書館で借りてきた。昔の本なので、読めない漢字も多く、辞書を引きながら、半分ほど読んだ。

 書いてあるすべてを理解できているとは思わないが、バルトの写真に対する、うねうね曲がりつつ進んでいく思考を追いかけるのは、なかなか面白い。保坂和志さんのエッセイを読むのに似ている。

 名著なので、やっぱり手元に欲しい一冊かな。

 

グループ展

 知人のつながりで、来月、中崎町にあるギャラリー主催のグループ展に参加しようかなと考え始めた。来週、ギャラリーを観に行って、決めるつもり。

 今聴いている話では、中崎町という立地の良さから、通りすがりのお客さんも結構入るらしく、また海外の旅行者の人も立ち寄るらしい。

 写真の展示経験はないけど、展示にちょっとでも興味のある方は、グループ展から始めるのはセオリーだと思うので、手始めによろしかったらどうでしょう?

 搬入は、写真が額に入っていれば、宅急便搬入でも対応してくださるようです。

 

「カメラヴ3」作品募集中 - 大阪市北区|中崎町|貸しギャラリー|モノコト