As with a bicycle, Koide Mawaru

日々の写真にまつわること。

週報171124

撮影

写真散歩

5回

 X100を持って、用事ついでの写真散歩が定着しつつある。

 もともとそんなに深く考えて撮らないが、季節柄紅葉も気になるし、散歩道をあるけば緑が気になる。というか、緑しか撮っていない。だいぶ弱ってますね。でも撮る気力があるだけマシです。

 街歩きを1回だけ試みたが、何を撮っていいのか分からないありさまだった。感覚の衰えが激しい。

 

商品撮影

2回

 自分が撮った額装してある写真を撮影したが、映り込みが激しくて困り果ててしまった。クセのある商品の撮影は難しい。

 商品撮影は、まだまだ分かっていないことだらけなので、何かの足しになればとTONTTUを久しぶりに撮り始めた。

 商品撮影の本も入手したので、ボチボチ読んでいきたい。

 

その他

 先週、気力体力が無いと書いたけれど、少なくとも撮る習慣が安定してきたので、もうちょっと回復したら、いつもの(疲れ果ててない)感じになるんじゃないかという気がしてきた。年齢による衰えはあると思うけど、以前と同水準に回復できればという気持ち。

 ただ、写真にしてもお話にしても、今の自分の欲を「ダバァ~」と表出させるような、クセの強いものを生み出したい欲はある。それは用事のついでで写真を撮っているうちは、なかなか見つからない気がしている。

 自分を監視して、「これは面白い」とか「こんなん誰もわからへんで」と言ってくる奴(理性?)を、置き去りにするくらい早く動かないと、きっかけはつかめないかも。そこまで加速するのは、もう少し気力体力が回復してからでいいのかな。

 あとは、写真の歴史の中で、自分はどんな流れの影響を引き継いで撮っているのかを伝えられるようにならないと、大きな成長はない気がしている。そこまで頑張る必要があるかは分からない。気にはなっているけど。

 そして人生は短いものだけど、そこを目指して急いで進む必要もないのかなと思う。何より10年近く続けられたことを大事にしたいと思う。他にこんな長く続いた趣味はないので。

週報171117

撮影

商品撮影

3回

 今週もポツポツとネトオクやネトフリに出品するための撮影をした。

 ミンネなどハンドクラフト系のフリマは、商品写真のレベルが高く、「これきれいだなぁ、欲しいなぁ」と思うことが多い。レベルの高い写真は、背景も雰囲気が良いし、小物類がうまく配置されていて、自分にはかなりハードルが高い。

 写真を見た人が欲しいと思ってもらえるような写真を、自分も撮れるようになりたいものです。しかし良い機材を使う、良い照明状態をつくれるようにするなど、今の自分には難しい部分も多いので、徐々にでいいから、そういうレベルに近づいていければいいかな。

 

写真散歩

3回

 買い物や所用で出かける時に、X100を必ず持って出るようになった。ついでの写真なので枚数は多くならないが、まったく撮らないよりはいいはずという気持ち。

 しかし、以前も何かが足りないと思っていた自分の写真だけれど、さらに足りなくなっている気がしてきて、一度時間を取って何が足りないのか確認した方がよさそう。時間をとったからといって、何かが見つかる保証はないけれど。

 

 商品撮影で家にこもりがちで、出かけるときは用事のついでで撮るだけでは、散歩写真の進歩は、難しいだろうと思う。

 動物園にも撮りに行きたいし、打開策を打たないといけないとは思っているが、体力なのか気力なのか、両方なのか、とにかく力が出ない。今は充電した方がいいのかな。

週報171110

撮影

2回

 散歩には行かず、室内で撮影。

 その内容は、自分の不用品をネットフリマに出品するための商品撮影だった。
すごく昔に切り花の写真を室内で撮っていたことがあるが、「あんな感じで撮ればいいか」と撮り始めたら、ぜんぜん勘が無くなっていて難しかった。

 しかし、写真撮影で試行錯誤するのも久しぶりだったので楽しめた。

 これで商品がどんどん売れてくれればもっと楽しいだろうが、そんなには売れないものです。

 魅力的な商品写真を撮れるようになること、買いたいと思ってもらえる商品説明文を書けるようになること、が今の急務かな。

 しばらく、荷物を現金化する撮影作業が続きそう。

 

コピトラ

 こちらはめちゃくちゃ期待していた話が、大外れ。

 COPYTRACKのサービスは、写真を不正使用しているウェブページの「運営企業や組織」を訴訟して、代金を得るサービスだった。(よくわかってなかった)

 私が先週書いた話は、SNSでの不正使用だったので、運営以外の第3者がウェブに投稿するサービスでは手続きができないと言われ、つまり画像パクリが個人で、SNSを使って行われている場合はサービス外ということで、数十万ゲットの夢が泡と消えた。

 まあ個人で訴訟してもいいけど、たぶんいろいろ面倒だし、そういう個人訴訟をやってくれる代行サービスがあればなぁ。

 しかし、世の中そんなにおいしい話はないよね、ということで。いい夢見させてもらったぜ!(これからの方は、くれぐれもご注意ください。)